受け口の矯正

受け口とは

下顎の前歯が上顎の前歯よりも前にある状態です。上下の前歯が前後反対になっています。下顎が成長し過ぎたり、上顎の成長が足りなかったり、下顎の前歯が前に傾斜して生えてしまっているなどが原因で起こります。

受け口の矯正、ポイント

顎の成長が原因に大きく関わっている場合が多いので、お子さまの受け口は早めにご相談ください。成長期には顎の成長をコントロールして適切な大きさに促す治療が可能です。
大人の場合は、軽度であれば通常の矯正治療で治すことができます。重度の場合には、外科矯正を受けることで、突出感が解消し、横顔もきれいなラインを実現できます。

受け口の将来的なリスク

見た目の影響だけでなく、食事の際の噛みにくさや、発音への悪影響などがあります。噛みにくいことから苦手な食べ物が増えたり、固いものをうまく食べられないなどで顎や歯の健全な成長を妨げる可能性があり、消化にも負担をかけます。また、発音が不明瞭になることで、引っ込み思案になるケースもあります。

TEL:078-391-5678初診予約資料請求
FacebookYoutubeチャンネルGoogle+院長日記

インビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニックインビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニック