口ゴボ矯正

口ゴボ(くちごぼ)ってどんな歯並びなの?

外見上、口元が盛り上がっている状態を「口ゴボ」と言います。顔を横から見たとき、唇が鼻先と同じくらい前方に出ているようでしたら、口ゴボと言えるでしょう。中には、鼻より前方にまで突出しているケースもあります。
出っ歯などの歯並びの乱れを原因として起こることが多く、またその場合は矯正治療により、口ゴボの改善が期待できます。

口ゴボの原因や遺伝

主な原因は、出っ歯です。出っ歯は「上顎前突」とも呼ばれる歯並びの乱れの一種で、上の前歯が舌の前歯より大きく前方に出ている状態を指します。

両親から子供へ遺伝するもの?

出っ歯を含め、歯並びの乱れは遺伝の影響が大きく、両親とも、またはそのうちのどちらかが出っ歯である場合は、そのお子様も出っ歯になる可能性が高いと言えます。従って、出っ歯を原因とする口ゴボも、親から子へと遺伝することがあります。

見た目や身体への影響について

口元の盛り上がり

口元の盛り上がった見た目を気にされる方は少なくありません。
美しい横顔の指標の1つである「Eライン」とは逆になってしまいます。また多くは出っ歯を原因としているため、笑った時に歯が大きく見えるということを気にされる方もおられます。

虫歯や歯周病になりやすい

出っ歯であることで、口腔が乾燥しやすくなります。唾液の分泌も低下することから、お口の中で細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

よく噛めない・消化不良

出っ歯によって前歯の咬み合わせが悪くなり、特に食べ物を「噛み切る」機能が低下します。十分に噛まないまま飲み込む癖がつくと、消化不良を起こし胃腸の負担が大きくなります。

口ゴボの治し方

原因となっている出っ歯の治療により、口ゴボの改善・解消が期待できます。

前突の治療方法

出っ歯の治療には、以下のようにいくつかの方法があります。

抜歯が必要な場合

抜歯によって新たにスペースを作り、前に出てしまった前歯を後方へと引っ張ります。

歯を薄く削る

歯の一番外側、エナメル質を、その機能に問題のない範囲で薄く削り、新しくスペースを作り、前歯を後方へと引っ張ります。

歯を後ろに送る

歯列を全体的に後ろに移動させることで、出っ歯を改善します。

顎を広げる

顎を広げ、歯列のアーチを大きくすることで新たにスペースを作り、前歯を後方へと引っ張ります。

マウスピース型矯正装置

(インビザライン)

透明のマウスピースを1~2週間ごとに交換することで、少しずつ歯を動かす治療です。
装置を装着していても目立たず、治療期間を快適に過ごすことができます。

詳しくはこちら

ワイヤー矯正

表側矯正

金属のブラケットとワイヤーを、歯の表側に取り付けることで、歯を動かします。
症例によっては、部分矯正で対応できることもあります。

舌側矯正

ブラケットとワイヤーを、歯の舌側に取り付けて歯を動かします。
装置が目立たず審美性に優れていますが、高度な技術が求められるため、対応できる歯科医院は限られます。

小児矯正

身長が止まるまでは顎も大きくなります。取り外し式の装置、お口周りのトレーニングなどによって顎の適切な発達を促し、出っ歯および口ゴボの改善を目指します。

口ゴボのQ&A

口ゴボを治せば横顔はきれいになりますか?

顔貌の美しさというものは価値観によって異なりますが、「美しい横顔」の指標の1つである「Eライン」に近づくことが期待できます。

矯正治療後、逆にほうれい線が目立つ事ってありますか?

一方で、口元が引っ込むことで、それまでピンと張っていた口周りの皮膚に余裕ができ、ほうれい線が目立ってしまうということがあります。これを避けるためには、治療中から「あいうべ体操」などによって口周りの筋肉を鍛えておくのが有効です。

部分矯正で口ゴボを治すことはできますか?

軽度の出っ歯であり、スペースがある場合には、部分矯正での治療も可能です。
ただ、口ゴボ・出っ歯の程度がひどいという場合には、ワイヤー矯正やマウスピース矯正での、全体矯正がおすすめです。すべての歯を移動させることで十分なスペースが確保され、後戻りのリスクも少なくなります。

口ゴボを自分で治すことはできませんか?

口ゴボを治すということは、出っ歯を治すということですので、歯科医院での治療が必要不可欠です。
ただ、お口周りの筋肉を鍛えることで、出っ歯および口ゴボの悪化を食い止める効果は期待できます。改善するためには基本的に矯正治療が必要となりますので、まずは一度、当院にご相談ください。

お電話でのご予約 078-391-5678 お電話でのご予約 078-391-5678 初診予約 初診予約 患者様ご相談フォーム 患者様ご相談フォーム 資料請求 資料請求