叢生(乱ぐい)の矯正

叢生の原因

叢生は歯が凸凹に生えている状態で、重なったり、ねじれたりして生えています。乱ぐい歯や八重歯も叢生の1種です。
顎が小さく、狭いスペースに大きな歯が無理やり生えてくることで起こり、乳歯が抜ける時期が早過ぎたり、遅過ぎたりすることが原因になる場合もあります。12~20歳の40%以上が叢生と報告されるほど、日本では多い症状です。

叢生のリスク

ガタガタの歯並びは手入れをしっかりしていても印象が悪くなりがちです。
また、歯磨きがしいくいため磨き残しが多く、虫歯や歯周病、口臭などのリスクが高まります。さらに、咀嚼がうまく行えないことから胃腸への悪影響が生じる可能性もあります。また、噛む際に力が平均的に分散されず、特定の歯と歯ぐきに大きな負担がかかるため、割れや欠け、抜けるなども起こりやすくなります。

叢生の矯正、タイミング

大人の場合、いつでも矯正治療を開始できます。
結婚や就職、入学、成人式などに合わせて治療を受けたい場合には、1年前までにご相談ください。また、裏側矯正やマウスピース矯正など、見た目ではわからない矯正治療も可能です。抜歯をできるだけ行いたくない場合は、インプラント矯正などで回避できるケースもありますので、ご相談ください。

TEL:078-391-5678初診予約資料請求
FacebookYoutubeチャンネルGoogle+院長日記

インビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニックインビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニック