予防歯科・ホワイトニング

予防歯科について

むし歯や歯周病に「なりにくいお口」の実現のために

お口の代表的な病気であるむし歯と歯周病は、どちらも予防が可能です。
ただし、怪我を防ぐためのストレッチと同じで、予防処置をしたからといって絶対にむし歯にも歯周病にもならない、というわけではありません。
しかし、定期的な予防処置は確実にお口の健康を促進・維持することになります。
むし歯や歯周病に「なりにくい」お口をキープしておくことは、将来的に歯を長持ちさせることへと直結します。

当院では、「PMTC」「フッ素塗布」「ブラッシング指導」「歯科検診」を中心とした予防治療で、当院が患者さまのお口の健康を支えます。

PMTC

「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、歯科医院でプロが特別に行う、クリーニングのことです。
専用の器具を使用して、ご家庭でのブラッシングでは除去しきれない汚れを取り除きます。
コーヒーやお茶、ワイン、喫煙などの生活習慣による着色除去の効果もあります。
歯ぐきが引き締まり、むし歯・歯周炎・歯周病の予防となります。痛みはほとんどなく、治療後はお口の爽快感も味わえます。

フッ素塗布

フッ素が配合されている歯磨き粉などとは違い、歯に直接、高濃度のフッ素を塗ります。歯質が強化され、主にむし歯の予防に効果があります。

ブラッシング指導

「同じようなところにばかりむし歯ができる」、という方はブラッシング方法に問題があるのかもしれません。
きちんと磨いているつもりでも、患者さまの歯の大きさ、形、生え方は千差万別であり、患者さまの数だけ「正しいブラッシング方法」があるといっても過言ではありません。
当院では、お口の中を見せていただいたすべての患者さまに、ブラッシング方法の改善点がある場合は必ず指導させていただいております。
ブラシの形やヘッドの大きさ、硬さについても、その患者さまに合ったものをお伝えいたします。
歯ブラシ、その他マウスケア用品の選び方、使い方など、遠慮なくお尋ねください。

歯科検診

専用の器具を用いてお口のクリーニングをし、ご家庭でのブラッシングでは除去しきれない汚れを取り除きます。
定期的に歯科検診を受けることで、むし歯や歯周病になりにくいお口へと導くことができます。

ホワイトニング

当院では、過酸化水素水という薬剤を使用したホワイトニングを行っています。
歯の中にある着色物質を白くするものですが、患者さまの歯の構造や食生活などによって効果には個人差があります。
ホワイトニングには、院内で受けるオフィスホワイトニング、ご自宅で行うホームホワイトニングがあり、その2つを併用したデュアルホワイトニングがあり、お考えやライフスタイルなどによって最適なものをお選びいただけます。
また、当院では黒ずんだ歯ぐきを健康なピンク色に戻すメラニン除去も行っています。
なお、ホワイトニングは、歯石をきれいに除去してからでないとまだらになってしまうなど思うような効果が得られません。そのため、ホワイトニングをご希望される際には必ず、事前に保険治療である歯石除去を受けていただいております。

ホームホワイトニング

院で型を取り、トレーを作成し、ご自宅でジェルを入れたトレーを装着します。
2週間ほどで白い歯になっていきますので、後戻りが少ないとされています。
使用する高濃度ホワイトニングジェルは最初10%を使っていただき、問題がなければ15%、20%、35%のものもご用意できます。
なお、トレーに穴が開いた場合、修理も可能です。

オフィスホワイトニング

薬剤だけでなく、専用のハロゲンライトを使うことでより短期間に効果を望めるホワイトニングです。クリニックに3回ほど通院いただき、1回2時間程度かかります。お試しで1回だけ受けるコースもご用意しています。
来院回数は型取りと歯石除去、そしてトレーと薬剤の受取の2回です。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを両方行うコースです。ホワイトニング効果の高さや持続力が特徴です。

ホワイトニングのご注意

ホワイトニング後は、歯に着色する可能性があるものを控えてください
ホワイトニング後にワインやコーヒーなど色の濃いものを口にすると、着色が起こりやすいため、24時間は口にしないでください。その後も、ストレスにならない程度に控え、口にした際にはできるだけ早く口をすすいだり、歯磨きをしてください。

 

よくある質問

Q、急いで白くしたいのですが、オフィス1回のお試しでどのくらい白くなりますか

A、写真撮影して前後を見比べれば違いは明らかですが、ホワイトニング後だけを見た場合にはそれほど大きな実感はないと思います。白くなる効果には個人差が大きいのですが、オフィス1回で「驚くような白さ」は実現できないと思ってください。

Q、虫歯がありますが、ホワイトニング可能ですか?

A、ほとんどのケースで可能ですが、薬剤がしみることがありますし、きれいな仕上がりを求めるのであれば、虫歯を先に治療してからホワイトニングすることをおすすめしています。

Q、歯にダメージがあるのではと不安です

A、ホワイトニングは、歯の中に色素を分解するものですので、歯への直接的なダメージはありません。

Q、痛いのではと心配です

A、知覚過敏の方はしみることがありますが、翌日か翌々日にはおさまります。

Q、妊娠しているとホワイトニングはできませんか?

A、これまで問題が報告されたケースはありませんが、当院ではおすすめしていません。

TEL:078-391-5678初診予約資料請求
FacebookYoutubeチャンネルGoogle+院長日記

インビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニックインビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニック