すきっ歯の矯正

すきっ歯の原因

隣同士の歯の間に隙間がある状態です。上下の真ん中2本の間が大きく開いているケースや、歯全体に隙間があるケース、奥歯に隙間があるケースなどがあります。正中離開は上下の真ん中だけ隙間があるもので、その他の場合には空隙歯列と呼ばれます。顎と歯のバランスが悪いことで起こりますが、歯の数が不足している場合や顎の中に歯が埋まっていて起こる場合もあります。
乳歯でよく見られるすきっ歯ですが、永久歯は乳歯よりかなり大きいため、隙間がないときれいに並ばない可能性もありますので、乳歯の隙間は問題ありません。

すきっ歯のリスク

見た目の問題だけでなく、発音に問題が生じやすいと言えます。話している時に隙間から空気が漏れてしまい、作業は特に発音しにくくなります。
また、構造上、歯は隙間なく並ぶことでかかってくる力をうまく分散させています。隙間があるとどうしても特定の歯に余計な力がかかりやすく、ダメージが蓄積され、割れや欠けの原因になり、歯の寿命を短くしてしまい、歯周組織にも悪影響を及ぼします。
また、隙間があると歯の間に食べ物のカスが残りやすく、虫歯や歯周病、口臭などのリスクも高まります。

すきっ歯の矯正・タイミング

大人の場合、歯や歯周組織に大きなダメージを蓄積させずに治すために、できるだけ早い段階で治療を受けてください。状態によって変わりますが、部分矯正が可能な場合もありますし、裏側矯正や透明なマウスピースによる矯正、目立たない矯正、治療期間を短縮できるインプラント矯正なども可能です。

TEL:078-391-5678初診予約資料請求
FacebookYoutubeチャンネルGoogle+院長日記

インビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニックインビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニック