開咬・過蓋咬合

過蓋咬合の原因

噛み合わせが深く、下の前歯が見えない状態を過蓋咬合と呼びます。歯の位置や傾きの角度、上下の顎の骨の位置や大きさなどが原因になって起こります。過蓋咬合は成長とともに症状が重くなる可能性もあり、注意が必要です。

過蓋咬合のリスク

口元が出っ張って横顔の印象が悪くなるなどもありますが、手入れがしにくいためブラッシング不足になりやすく、虫歯や歯周病、口臭などのリスクが上がります。また、嚥下や発音に問題が生じやすく、咀嚼力が低下するため胃腸への負担をかけることになります。顎関節症や肩こり、頭痛などを起こす場合もよくあります。

過蓋咬合の矯正

お子さまの治療では、小学校入学前に経過観察を行い、癖などが影響していないかをきちんと調べて、それが原因であれば、そうした癖を修正していきます。
永久歯が生えはじめてからも過蓋咬合があれば、矯正治療を開始します。永久歯が生えそろう前に、顎の成長コントロールや、前歯の傾きを治していきます。
大人の場合には、いつでも矯正治療が可能です。過蓋咬合の程度や動かせるスペースなどにより抜歯が必要になる場合もありますが、インプラント矯正などでできるだけ抜歯をしない矯正方法も検討していきます。目立たない矯正や裏側矯正なども可能です。

開咬の原因

奥歯が噛み合っているのに、上下の前歯に隙間がある状態です。これは、指しゃぶりや爪噛み、口呼吸などの悪習慣が主な原因となって起こっています。また口鼻など耳鼻咽喉科領域の病気がある場合に生じるケースもあります。

開咬のリスク

いつも口を開けてぽかんとしているという見た目の問題のほかに、ものを噛む音が漏れやすく、クチャクチャ音を立てながら食べている場合がよくあります。本人やご家族が気付かないこともありますので、ご注意ください。発音の不明瞭が起こりやすく、サ行、タ行、ラ行が苦手なことがよくあります。手入れのしにくさや乾燥から、虫歯や歯周病、口臭などのリスクが上がります。また、咀嚼力が低下するため胃腸への負担をかけることになります。前歯や口元をけがしやすく、顎関節症や肩こり、頭痛などを起こす原因になる場合もあります。鼻の病気によって起こっている場合は、耳鼻咽喉科の治療も重要です。

 

開咬の矯正

お子さまの場合、指しゃぶりなどの悪習慣が原因になっている場合がほとんどですから、そうした癖をなくしながら、取り外しできる装置を使って矯正していきます。また、鼻など耳鼻咽喉科領域の病気が原因になっている可能性もありますので、疑わしい場合には専門医をご紹介しています。鼻に病気がある場合、学習や成長によくない影響が及ぶ可能性もありますので、早めに治してあげましょう。
できれば小学校入学前にご相談いただけると、より負担のない治療が可能です。また悪習慣をできるだけ早くやめることは、その後の歯並びにもよい影響を与えます。
大人の場合には、いつでも矯正治療が可能です。骨格の問題が大きい顎変形症の場合には、顎の骨を外科手術で修正する必要が生じる場合もあります。開咬の程度や動かせるスペースなどにより抜歯が必要になる場合もありますが、インプラント矯正などでできるだけ抜歯をしない矯正方法も検討していきます。目立たない矯正や裏側矯正なども可能です。

TEL:078-391-5678初診予約資料請求
FacebookYoutubeチャンネルGoogle+院長日記

インビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニックインビザライン矯正ガイド アキラ矯正歯科クリニック