部分矯正

部分矯正

部分矯正部分矯正は、前歯に対する部分的な矯正治療です。
当院では、ワイヤーとブラケットを使った部分矯正だけでなく、マウスピース矯正(インビザラインシステム)を活用した部分矯正にも対応しております。
すきっ歯、出っ歯、八重歯の他、歯のねじれなども改善することができます。全顎矯正と比べて治療期間が短く、費用も抑えられます。
ただ、すべての症例に対応できるわけではありませんので、信頼の置ける歯科医から正しい診断を受けることが大切になります。

前歯の部分矯正のメリット、デメリット

メリット

治療期間が短い

前歯は、奥歯より歯の根っこの数が少なく(1本)、動かしやすいため、3カ月から1年程度で治療を終えられます。
装置が早く外せますので、半年後や1年後の結婚式など、近い将来の大切な日を見据えて治療を開始しやすくなります。

低価格での提供が可能

治療期間が短いこと、装置が部分的であることなどから、低価格でのご提供が可能です。

痛みが少ない

動かす歯が少なく、移動の距離も短いため、痛みが部分的であり、またその程度も抑えられます。

装置が目立たない

ワイヤーを使った部分矯正において、当院の場合、半透明のブラケットを使用しております。
またマウスピース矯正(インビザライン)による部分矯正では、全顎矯正のときと同様、透明のアライナー(装置)を使用します。
いずれを選択した場合も、目立たない矯正治療が可能になります。

お手入れが楽

ワイヤーを使った部分矯正では、装置を取り付ける歯が少ないため、全顎矯正のように歯磨きが難しかったり、食べ物が詰まったりということはほとんどありません。
また、マウスピース矯正(インビザライン)による部分矯正においては、歯磨きと食事のときはアライナーを外していただきますので、ストレスなくご使用いただけます。

デメリット

適応となる症例が限られる

部分矯正の適応は、基本的に前歯だけです。また、前歯であったとしても、大きく飛び出している場合などには、適応外となることがあります。
その他、受け口などの骨格に問題があるケース、奥歯の咬み合わせのズレが大きいケースなどの場合は、全顎矯正、あるいは外科的矯正治療が必要になることがあります。
ただし、その判断は、必ず信頼の置ける歯科医(できれば矯正治療を専門とする歯科医)にしてもらうようにしましょう。

歯を薄く削ることがある

スペースが不足している場合など、後戻りを避けるため、エナメル質を薄く(0.25~0.5ミリほど)削ってから歯を動かすことがあります。
もちろん、知覚過敏などの症状が出ないよう、細心の注意を払って行います。

完璧な歯並びを追求することはできない

全顎矯正の場合は、すべての歯を、1本1本理想の位置・向きへと動かします。一方で部分矯正は、前歯だけを動かします。当然、歯の移動のために確保できるスペースも、全顎矯正と比べて小さくなります。
より完璧に近い歯並びをご希望する方には、全顎矯正をおすすめします。

奥歯の咬み合わせの改善はできない

動かすのは前歯に限られますので、奥歯の咬み合わせを改善する効果は期待できません。

前歯の部分矯正の治療期間

症例により異なりますが、おおよそ3カ月から1年で矯正装置を取り外すことができます。
またその後、矯正治療に要した期間とほぼ同じ期間、保定装置を使用し、歯の根を安定させます。保定期間は、後戻りを防ぐための大切な工程ですので、ご協力をお願いします。

当院での前歯の部分矯正の治療方法

目立たないワイヤーによる部分矯正

ワイヤーとブラケットを歯の表側に取り付けて適切な位置へと誘導する部分矯正です。
当院では、半透明のブラケットを採用しておりますので、従来の金属のブラケットと比べて審美性に優れます。
適応となるのは、基本的に「前歯の1~2本」です。

マウスピース矯正(インビザライン)のよる部分矯正

当院では、前歯の部分的な矯正治療に、アライン・テクノロジー社の「iGO」というシステムを導入しております。当院で使用できるスマートフォンアプリから、アライナーによる治療が可能かどうかの判断をすぐに受けられます。
前歯の隙間、デコボコ、捻じれなどを、目立たない透明のアライナーで、比較的短期間のうちに治すことができます。もちろん、通常のインビザラインと同様、取り外しが可能であり、痛みも抑えられます。
適応となるのは、基本的に「5番から5番の前歯」です。

料金

検査・診断費用

検査 費用 \30,000
診断 費用 \30,000

料金※税抜表記です

装置代を含めた治療の費用

装置の種類 目立たないワイヤーによる部分矯正 インビザラインによる部分矯正
費用 \180,000~
※1本につき\30,000ですが、1~2本の歯の移動でも、少なくとも6本の歯に装置を取り付ける必要があります。
上下顎:\280,000
片顎:\240,000
※追加アライナー:1回目は無料、2回目以降は\50,000

※税抜表記です

過去に矯正したが後戻りしてしまった方へ

後戻りに対する部分矯正を行います

矯正治療における「後戻り」とは、矯正装置を使って動かした歯が、元の位置(正しくない位置)へと戻ってしまうことを言います。
当院では、過去に受けた矯正治療後、部分的に後戻りを起こしてしまった歯に対する部分矯正も行っております。
特に過去に受けた矯正治療が全顎矯正だった場合には、後戻り後も奥歯の咬み合わせは良好であることが多いため、部分矯正の適応となる可能性が高いと言えます。

後戻りを繰り返さないために

ただし、せっかく当院で後戻りの再治療を受けても、またそのうち後戻りをしてしまっては意味がありません。
当院では、以下のような取り組みにより、後戻りのリスクを最大限排除しております。

リテーナーをしっかりと使用していただく

後戻りが起こるケースの多くで、保定期間にリテーナーが正しく使用されていません。治療をした歯科医からの注意喚起が不足していたという可能性もあります。
当院では、リテーナーを正しく、適切な期間使用していただき、後戻りのリスクを抑えます。患者様のご協力も必要になります。

不正咬合が残っている場合には、その改善を行う

矯正治療後、咬み合わせの状態が良くない場合も、後戻りのリスクが大きくなります。
必要に応じて咬み合わせを整え、後戻りのリスクを抑えます。場合によっては、全顎矯正が必要になることもあります。

TEL:078-959-8522 無料初診相談のご予約はこちら マウスピース矯正(インビザライン)の資料請求
一番上に戻る
無料初診相談のご予約はこちら TEL.078-959-8522
FacebookYoutubeチャンネルGoogle+院長日記