治療の流れ

初診相談の後、レントゲン撮影などの精密検査を行った上で、以下のような工程で治療が進みます。

①型取り

①型取り

3D光学スキャナー「iTero」で口腔内を撮影し、歯並びの状態をデータとして取り込みます。従来の印象材を使った型取りと比べ、短時間で、不快感もありません。嘔吐反射のある方も安心です。

②情報の送付・立体画像の作製と修正

口腔データをはじめとする患者様のお口の情報を、アメリカにあるアライン・テクノロジー社(インビザラインを提供する会社)に送ります。

現地では、受け取った情報から患者様のお口の立体画像が作られます。その立体画像が当院に返信されますので、院長が修正を重ねます。

③シミュレーション画像と治療計画の提示

立体画像が完成すると、歯の移動をシミュレーションし、お一人お一人に合った治療計画を作ります。

このシミュレーション画像は、患者様にもご覧いただきます。ご理解を深めていただきながら、完成形をイメージすることで、モチベーションの向上にもつながります。

④ご同意・インビザラインの作製

治療計画や完成した歯並びについて、患者様にご納得・ご同意いただければ、アライナー(装置)の作製へと進みます。

アライン・テクノロジー社で、すべてのアライナーが作られます。その後、当院へと送付されます。

型取りから装置の送付までの期間は、おおよそ1~1カ月半です。

⑤着脱の練習・治療の開始

インビザラインは、練習すれば数秒で簡単に取り外しができるようになります。最初の練習は、当院内にて行います。その他、使用方法、お手入れ方法、注意点などをお伝えした上で、治療の開始となります。

2週間ごとに次のステップのものへと交換していきます。ご自宅でご不明点が生じましたら、お気軽にお問合せください。

⑥定期的なチェック

⑥定期的なチェック

1~3カ月ごとにご来院いただき、歯並びの変化、咬み合わせの状態、アライナーの適合性、虫歯・歯周病などの口腔トラブルの有無を確認します。必要に応じて、クリーニングも行います。

またこのときに、新しい装置をお渡しします

⑦治療の終了

最後のアライナーの使用を開始する前に、シミュレーション通りに治療が進んでいるかを確認します。良好であれば、その最後のアライナーを少し長く(1~2カ月ほど)使用して、治療は終了となります。

さらなる治療が必要な場合には、再度iTeroにて型取りをしてアライナーを作製し、治療を継続します。

⑧保定期間

アライナーによる治療の終了後は、ワイヤーを使った矯正治療と同じように、歯の根を安定させるための保定期間が必要です。

保定装置には、透明のマウスピース型のもの、ワイヤー型のものなどがあります。

なお、保定期間は、治療に要した期間と同じ程度確保する必要があります。後戻りを防ぎ、良好な歯並びを長期間維持するためには欠かせない工程ですので、ご協力をお願いいたします。

TEL:078-959-8522 無料初診相談のご予約はこちら マウスピース矯正(インビザライン)の資料請求
一番上に戻る
無料初診相談のご予約はこちら TEL.078-959-8522
FacebookYoutubeチャンネルGoogle+院長日記