iTEROとオーソパルス

iTERO

iTERO

当院では、3D光学スキャナー「iTero」を導入しております。
iTeroとは、口腔の立体画像を作製するためのスキャナーです。口腔内写真を撮るように、口腔内の状態を瞬時にデジタルデータ化することができます。そしてこのデータをもとにシミュレーションを行い、微調整した後、インビザラインのアライナーが作製されます。
スキャニングは、わずか1分程度で終了します。従来の、印象材を使った型取りは不要です。

苦しくない

シリコン素材の印象材を使用する従来の型取りには、不快感がつきものでした。特に嘔吐反射のある方にとって、大変苦しい工程でした。
iTeroであれば、カメラで撮影するように口腔・歯列のデータを取得できます。ただ口を開けておくだけで、不快感は全くありません。

高い精密性

iTeroによるスキャニングでは、1秒間に6,000枚の画像を取得できます。膨大なデータから精密な立体画像が作られ、もちろんそれはアライナーの精度にも活かされます。
効率の良い、痛みを抑えた歯の移動に役立ちます。

短時間での型取り

上下の顎のスキャニングを行った場合も、1分程度で終了します。
従来のように、印象材が固まるのを待つ必要もありません。

早期の治療開始が可能に

iTeroで撮影した画像は、すぐにインターネットを介してアライン・テクノロジー社に送られます。そのため、早期に治療を開始することができます。
型取りから装置が届くまでの期間は、おおよそ1~1カ月半です。

オーソパルス

通常の矯正治療は、2~5年をかけて歯を動かしていきます。
この期間を、安全性を確保した上で短縮できるのが「オーソパルス(OrthoPulse)」と呼ばれる医療用機器であり、当院もすでに導入しております。
オーソパルスは、カナダのバイオラックスリサーチ社によって開発され、2015年にはFDA(米国食品医薬品局)の認可も受けています。矯正治療中、1日10分お口にはめているだけで、近赤外線の力によって細胞が活性化され、骨や軟組織などの再形成を促進しながら、歯の動くスピードを加速させます。
歯科矯正治療の他、外科的な治療でも応用されている、安全性の高い技術です。

治療期間を大幅に短縮できる

治療期間が、最大で約60%短縮されます。
インビザラインの場合、通常は2週間ごとにアライナーを交換しますが、オーソパルスを併用することで、1週間ほどで交換できるようになるケースもあります。

手軽に使える

オーソパルスは、ご自宅で、患者様ご自身で簡単に使用していただけるものです。
1日の使用時間は、上顎5分、下顎5分の計10分です。口でくわえるだけなので、テレビを見たり、インターネットをしたりと、リラックスした状態で使用していただけます。
※転倒したときに危険なため、立ち歩くのはお控えください。

痛みを和らげる

近赤外線の照射により、骨や軟組織を再形成する作用が働き、矯正治療に伴う痛み・違和感の軽減効果も期待できます。

モチベーションの向上

アライナーを早く交換できたり、歯並びの改善を短期間のうちに実感できたりといったことで、患者様のモチベーションのアップにもつながります。

TEL:078-959-8522 無料初診相談のご予約はこちら マウスピース矯正(インビザライン)の資料請求
一番上に戻る
無料初診相談のご予約はこちら TEL.078-959-8522
FacebookYoutubeチャンネルGoogle+院長日記